プロフィール

ご挨拶

はじめまして。

産業カウンセラーの勉強をしているユトヒロです。

カウンセラーを目指そうと思ったのは、仕事で思いがけない左遷をさせられ、やりがいを見出せない仕事に従事し、心身ともに疲弊し、1ヶ月ほど休職したことがきっかけです。

それまでも社会人になってから生きづらさを感じていて営業や事務では、人の役に立てないのではないかと思うようになりました。

営業や事務の仕事で自分のように生きがいを失ってどうすればいいのか分からない。

やりたいことが分からない。

そういう気持ちを持った人が他にもいるかもしれない。

自分と同じように苦しんでいる人の気持ちに寄り添ってほんの少しでも力になりたい。

自分が得意なカウンセリングを使ってやりたいことが分からない人のサポートをしたい。

そういう気持ちから労働者の心理的サポートを行う産業カウンセラーの勉強を始めようと思いました。

このブログは、産業カウンセラー資格取得までの記録と仕事で忙しく、時間に追われストレスを溜めている20代、30代のサラリーマンの方へ向けて、心が楽になるノウハウや本についてご紹介します。

よろしくお願いいたします。

自己紹介

【現在】

  • 福岡で産業カウンセラーの勉強
  • 趣味の鉄道旅に出てストレス発散

鉄道旅では、14年間でJR全路線の70%に乗車。

乗車距離は14,000km。

なぜ、ここまで鉄道の旅に出るようになったか理由があります。

それは、過去の仕事での辛い経験です。

【過去】
大学を出て就職したハウスメーカーでは営業職として日付が変わるまで仕事をして、全く自分の時間が持てなくなってしまいました。

営業の仕事をしたかったわけでもない私は仕事に悩み、自信を失い、ストレスで体の調子が悪くなる一方でした。

うつになりかける寸前でしたが、幸い、8月のお盆休みに連休がとれたので、学生時代から始めた青春18きっぷを使った一人旅に出ました。

車窓からの景色をひたすら眺めていたいと思い、北海道を目指し、旅に出ました。

この旅では、ハードに仕事するばかりだった自分を立ち止まらせ、「振り返りと自省」にじっくり時間をかける機会となり、帰宅後、仕事を辞める決断をすることができました。

私はこの経験から、鉄道の旅が自分が抱えた悩みやストレスを解消するのに有効だと気づきました。

皆さん、私のように仕事でストレスを溜めたことはありませんか?

ストレスを溜めたままだと、なかなか仕事でいいパフォーマンスができませんよね?

そんな方のための、心が楽になる方法や鉄道旅の提案をしていきたいと思います。