未分類

業界企業研究と自己分析から志望動機へつなげる方法とは?

志望動機のよくある熱意が伝わらないパターンをお伝えします。

業界企業研究しただけでは、その企業のあらすじ、要約になってしまいます。

「御社はこうこうこういう環境で素晴らしくて、是非入社したい。」

だけでは、なぜその学生さんがうちの会社に入りたいのか全く見えてきません。

その企業で働きたいという熱意意欲が伝わりにくくなってしまうんです。

ではどうすればいいのか。

熱意が伝わる志望動機を書くためにはシンプルに言えば、その企業に応募した理由を考える。

なぜ、その企業に魅力を感じたのか?

なぜ、私はその会社を選んだのか?

何かしら自分にマッチする点があったはずです。

そこで、自己分析と業界、企業研究の両輪です。

自分のことを把握する、いわゆる自己分析ですね。

企業のことを把握する、業界、企業研究。

自分自身とその企業とがマッチしている点を見つけ、それを語ることで説得力のある志望動機になります。

このことを1枚の図表にしました。

自己分析、そして業界企業研究をセットでやった時のall。

まずは右側の自己分析をご覧ください。自分の価値観、そして特徴、強みを自己分析をすることで見出します。

その視点を持った上で業界企業研究を行っていきます。

そうすると、

自分自身とその企業とがマッチするポイントが見つかります。このポイントを中心に文章へ纏めていくと、説得力のある志望動機に近づきます。

そして最後に企業の方のお話を聞いた後の振り返りについてもお伝えしておきましょう。

こういった視点で話を聞くと、いいよと言うポイントです。

①その企業に対していいなと感じたこと、私はどこに興味を持ったのか?私はその企業の何処に魅力を感じたのか?

②私がその企業で〇〇の仕事をするなら、自分に合いそうかどうか、そしてなぜ合ってると思うのか、なぜ合わないと思うのか?

などなど、とにかく自分と結びつけながら、企業の方のお話を聞き、話を聞き終わった後はまとめておきましょう。

③競合する企業や関連する業界調べて、企業ごとに情報をまとめておきましょう。同業界の企業を比較研究して、それぞれの企業の強みや特徴を見つけておくということです。

そうすることで業界企業を深く理解できます。

以上で私からの話は終了とさせていただきます。ご清聴いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です