未分類

業界企業研究の具体的なやり方とは?

企業研究のやり方についてお伝えして行きます。

企業に出会うための情報収集ツールをお伝えしてまいります。

まずはマイナビ就活やキャリタス就活などの就職情報サイト。

こちらは、企業の仕事情報がシンプルにまとまっており、概要を知るのに適しています。

そして、書籍や新聞などの紙の情報もとても大事です。ウェブで見る情報は、自分の興味のあるものをタップして見ていきますが、紙の情報は自分の関心のないものも目に入ってくるので、こんな情報、こんな企業があったんだという新鮮な発見ができるんです。

書籍や、新聞でいいなと思う企業があれば、就職情報サイトのフリーワード欄に企業名を入れて検索して見てみてください。

そして業界団体のホームページ。

どの企業も何かしらの業界団体に所属しています。

ぜひ色々な業界の団体のホームページを見て、その加盟企業一覧。そこをタップすると、自分の知っている企業と知らない企業とか、ワーと一覧になって出て参りますので、知らない企業について調べてみると、いいでしょう。

次に会社の事業、仕事内容を深く知るための情報収集ツールです。

この会社を調べようというふうに狙いを定めたら、その会社のホームページ見てみましょう。

ホームページの見方について質問されることが非常に多いです。

ここを見ておくといいよというポイントをお伝えしてまいります。

新卒採用情報のページ、仕事内容や先輩社員の情報など、しっかりとチェックしましょう。

ここを見て終わってしまう方が非常に多いんですが、その会社の企業理念、そして事業内容なども非常に重要です。

こちらをチェックしておくと、他の学生さんと差がつきます。

Ir情報や株主、投資家情報は、上場している企業だけの情報になってしまいますが、この中に売上の構成比率や新規事業、今後の展望など、いろいろな情報が隠されていることが多いので、ここをきちんとチェックしておきましょう。上場企業の場合には、事業情報内にこういった情報が入っていますので、必ずチェックしておいてください。

また、インターネット上の情報だけではなく、実際に話を聞くと言うのもとても大事です。

セミナーやインターンシップ、ob og訪問、そしてリクルーターなど。

先輩たちから聞く実際のその会社、その会社での仕事の情報をきちんと確認しておくこと。ここもとても大事ですね。ホームページでしっかりと調べた後、色々な企業を訪問していきましょう。

企業研究すにオススメなのが、こちらの企業研究シートです。

1回の記入で終わるものではなく、様々な調べ方をしながら書き出していくカルテのようなシート。

業界企業研究だけではなく、自己分析の視点も必要となるため、将来的に志望動機に繋げられやすくなります。

項目を拡大して見てみましょう。

就職情報サイトや企業ホームページで調べた内容をまずは記入して、その後に実際にセミナー等でお話を聞いた後、追加して記入して行きます。

同業、他社と比べたときの強み弱み特徴など、企業理念や売上の構成比率などをチェックする。と見えやすくなってきます。

売上の構成比率確認して行きましょう。

よく売上高だけチェックしてしまいがちなのですが、同業界の企業の売上構成比率を比較すると、それぞれの企業の違いや強み、弱みが見えてきます。

知名度の、高い企業も先入観を持たずに研究すると良いです。なぜかというと、この会社は、この商品で有名だよね?何て言う風に思っていたら、実際は自分の知らない商品の方がずっと売上の比率が高いなんて言うことを多々あります。

また、グローバル企業であれば、地域別の売上比率を確認しておきましょう。

そして企業研究シートの下の段を拡大しました。

その企業を調べてみようと思ったきっかけ。調べるうちに魅力的だなと感じた点を記入します。

また、仕事内容を調べる中で私のこんな点が生かせそう、やってみたいと感じたことと、その理由を記入する。

つまり、自分自身が自分と結び付けて感じたこと。

自己分析の視点を入れて記入するということです。

そして最後にニュースや話題になった事、新聞やキャリタス、就活の注目ニュースのコンテンツをしっかりと確認して最新情報を記入しましょう。

そして同業他社複数社を比較研究する。

ライバル企業を何社か選んで、それを比較研究する。

分かりやすく図にいたしました。

三社の企業を横軸で色々な軸でですね。比較研究をするイメージこちらの図から。

イメージ湧きますでしょうか?事業内容や企業理念、売上構成比率、仕事内容など、自分の気になることは比較してみましょう。

比較することで、その企業の特徴や強みが見えてきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です